オーラルテク舌頂ガイド
〜 バター犬も舌を巻く全身リップ指南 〜

バストや股間といった局部オンリーの愛撫では奥様たちは満足しない
そこで全身リップをお薦めしよう
女体の隅々まで丹念に舌を這わせて局部以外の急所を探し出せ!


鳥肌も立つ耳たぶへの逆立て舐め

知られざる目ん玉 愛撫の快感

唇ごと口内に侵入して歯茎舐め
耳愛撫と聞くと、大半の男が耳穴に集中するはず。もちろん穴に舌先を当てて出し入れしても感じるのだが、そこに耳たぶへの愛撫を加えると、かなり効果的。耳たぶに生えているウブ毛を逆立てるように舐めるのがポイントである。 H経験を積むにつれ女性は意外な場所が感じるようになる。その代表が目だ。舌のザラザラした部分を女性の開いた左右どちらかの目にペタッとくっつける。それだけでも生温かい舌の感触が瞳を潤わせ、ジ〜ンと感じさせるのだ。 キスする上で一番大切なのは意外性である。唇同士を合わせた瞬間、男性が唇全体を挿入させて女性の唇をめくり、すかさず舌を挿入。舌全体で歯茎をペロペロと舐めまわす。女性は常識外れなディープキスを待っているのだ。
ヒザ
ヒザ頭は噛み、ヒザ裏は舐めで刺激
お腹
下腹部を舌の表面で豪快に愛撫
脇の下
半端な愛撫は逆効果 、強めに吸引
ヒザへの攻め方は裏と表で極端に異なる。ヒザ裏は舌先でくすぐるように愛撫するが、ヒザ頭には噛むくらいの強い刺激がちょうどいいのだ。ヒザ頭を甘噛みし、口を閉じたまま歯の先をヒザにこすりつけるようにして顔を手前に引くのも効果的。 通常、お腹への愛撫はバストから行う場合が多い。だが、実はアンダーヘアからヘソまで、下から上に舐めあげる方が女性に与える快感度は高いらしい。特に下腹部は舌全体を使いやや強めに舐めあげるのが理想。

中途半端なチョロチョロ舐めはくすぐったいだけで逆効果。脇の下への愛撫は力強く荒々しく攻めるのが望ましい。まずは女性に手をあげてもらい、フルオープンの脇に唇を開いてあてがい強めに吸う。躊躇せずにやろう。

背中
背骨に沿って舌の表面 で刺激
足指
足裏は最大の急所、隅々まで愛撫
太腿
内股ラインを舌全体で豪快舐め
背骨は脂肪が少ないぶんとても敏感である。腰のあたりから、舌のザラザラした部分で下から上へとスーッと舐められるだけで、ゾクゾクッとした快感が全身を貫くのだ。首の付け根まできたら腰骨からもう一度繰り返す。そのうち喘ぎ声も聞こえてくる。 奥様たちの中にはこの足指舐めをこよなく愛する人が少なくない。それほど足指は彼女らにとって重要な性感帯なのだ。最初に足裏の皮膚の柔らかい部分を舐め、続いて小指から親指へと1本ずつ舌を絡めながらしゃぶるのがコツ。 脚への愛撫もふくらはぎから太腿へと下から上に移動するのが基本である。特に内側部分は筋肉のラインに沿って、舌全体で豪快に入念に何度も舐めまわす。その際、顔を下に向けると舌が乾かないでスムーズに愛せる。
尻の割れ目
割れ目に舌を這わせアヌスに指バイブ
お尻
羞恥ポーズで心理的興奮を促す

パンティラインに沿って優しく愛撫
お尻までいったら是非ともヒップの割れ目に舌を這わせて頂きたい。尻の割れ目はヴァギナの方から腰に向かって舌先でスーッと舐める。この時、同時に指先をアヌスにあてて小刻みに震わせる。指と舌の絶妙な動き次第で、快楽も倍増するはずだ。 基本はお尻の丸みに沿って内から外へ円を描くように舐めることだが、この時わざと女性に尻を突き出させて恥ずかしさを煽る。また仰向けで片脚を持ち上げ、お尻を舐めれば自然と局部がさらされ、心理的興奮もプラスされる。 このあたりには微妙な性感帯が多く隠されている。その中でもイチ押しなのがパンティライン。外側から内側に舐め、また外側へ。これを左右繰り返す。この時、女性がピクッとしたらそこが新たな急所だ。集中的に攻め込もう。


↓   ↓   ↓

もっと知りたい方はこちら



inserted by FC2 system